手足の冷えが水虫をまねくぽかぽかショウガ湯で冷えも水虫も改善

一年中を通して「冷え」に悩まされている女性の方が多いのではないでしょうか。冷えは、ストレスを受ける状態が長く続いたり、ホルモンのバランスが崩れたり、また肥満、動脈硬化などにより血管が収縮した状態になって、血流が悪くなることが原因で起こります。特に手足が冷たいと感じる人が多いのは、手足には細かい血管が多く、あたたかい血液が流れにくいため冷たいと感じやすいのです。

この冷えが原因で水虫になることもあります。手足が冷えることで新陳代謝が弱まり、古い角質がはがれにくくなってしまいます。この皮膚の表面に残った古い角質を餌として、細菌が繁殖しやすくなるからです。

冷えが原因で水虫になってしまった方は、ショウガを利用した足湯を試してみてはいかがでしょうか。やり方は以下の通りです。

スポンサーリンク

水2リットルにすりおろしたショウガを150g入れて火にかけます。中火で30分ほど煮て火からおろし、お風呂のお湯より少し熱いぐらいの温度まで冷まします。煮汁を洗面器に移し、15分ほど足湯をします。水虫の伝染予防のために、足湯をした後のお湯は捨てて、洗面器も洗って清潔に保ちましょう。

足湯をしているときに患部にしみることがありますが、薬効成分が浸透している証拠です。ショウガには殺菌効果があることは有名ですが、発汗作用もあり、ショウガエキスが皮膚から浸透、全身の血行が良くなるため、根本的な冷えの解消に役立ちます。水虫に効果があるだけでなく、足のむくみや疲れを取ったり、リラックスする効果も期待できるでしょう。

使用するショウガはチューブのものではなく、そのつどすりおろして使うのが効果的です。特に冷えが気になっている方は、眠りにつく前の習慣にしてみてはいかがですか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿