お酢パワーが中まで効く5本指靴下で簡単お酢パックを

水虫の原因菌として知られているのが「白癬菌」です。この白癬菌は「真菌類」であり、寄生することによって生き延びる真核細胞生物です。普通の細菌と性質が異なるため抗生物質が効かず、専用の治療薬を用いなければなりません。

水虫はなかなか治りにくい病として有名ですが、それは皮膚の表面の菌を殺しても中まで菌がもぐりこんでいる可能性があるため。湿気が多いなど白癬菌にとって好ましい環境になったりすると、また再発するのです。

この真菌類は身近なあるもので撃退することが可能です。それは「お酢」。酢には殺菌効果があり、水虫治療に足に酢をつけるという療法もあるほどです。酢は皮膚表面だけを殺菌するのではなく、中まで浸透してくれるため、効果が高いと考えられます。

スポンサーリンク

ただし注意しなければならないのは、スーパーなどで手に入る安売りの酢は、この皮膚の中まで浸透する作用が弱く、肌にもやさしくありません。水虫治療には黒酢のように、長時間の発酵、熟成を経たお酢を使用するようにしましょう。

このような酢を水で薄めて患部に塗っても効き目がありますが、より浸透させるために市販の5本指靴下を利用すると良いでしょう。

酢を10~20倍程度に薄めたものを患部にかけます。指の股などもきちんと丁寧にかけましょう。患部が酢水で濡れた状態で、5本指靴下をはきます。そしてさらに上から酢水をかけます。靴下を履いたままビニル袋をかぶせ、足首を輪ゴムで止めます。そのまま2時間ほどすごし、最後は水できれいに洗い流しましょう。

しっかり発酵、熟成されたお酢は高い殺菌力があるわりに酢酸の刺激があまりなく、肌にしみるといったこともありません。また皮膚を修復してくれるアミノ酸や、炎症を鎮めるビタミンも含まれているので肌にとっても安心ですね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿