足の臭いの原因は水虫?酢足湯で白癬菌を撃退する

足の臭いの原因が、水虫を患っているせいだという場合があります。すべての水虫が臭いを発するというわけではありません。臭いがきつくなる水虫の種類といえば足の指の間にできる趾間型水虫が有名です。

この水虫の治療としてアメリカで考えられたのが酢足湯です。どういうものかというと、お湯に酢を入れてそこに足を浸すというもの。自宅でも手軽にできそうですよね。

酢には殺菌効果があることは良く知られています。酢につけた食物は腐りにくくなるとも言われていて、食中毒の原因である大腸菌やサルモネラ菌などに対しても優れた殺菌力を発揮してくれます。そして同様に、水虫の原因菌である白癬菌もやっつけてくれるのです。この効き目を応用したのが酢足湯なんですね。

スポンサーリンク

お湯に入れるお酢は、できれば黒酢がいいでしょう。普通のお酢よりも発酵や熟成に時間がかけられていて、クエン酸や乳酸など体に良い成分が豊富に含まれているからです。

足湯の方法は、まず洗面器やタライなどに40度くらいのお湯を1リットル入れます。その中に酢を30~50ミリリットルほど加えます。そして10分間足を浸します。

足湯が終わったあとは水洗いをせずにタオルでふくだけが好ましいのですが、酢の臭いが気になる方はボディクリームやベビーパウダーなどでマッサージをすると気にならなくなるでしょう。

お湯に足を浸けている間、患部がピリピリすることもあるかと思います。それは水虫に効いているからなんです。この酢足湯を続けることで軽い水虫なら1週間ほどで完治した事例もあるそうですよ。

肌が敏感な方は、最初に少量の酢を入れることから始めてみるといいですね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿