水垢とりや入れ歯の手入れにもいろいろな用途に使える「お酢」

キッチンや洗面台の蛇口付近のがんこな水垢は、掃除をさぼるとすぐに発生して、しかも凹凸がある部分についてしまうため掃除もしにくいですよね。

そんなときにも酢を使うのがおすすめです。ティッシュペーパーやキッチンペーパーに酢を含ませて、水垢が気になる場所に貼り付けます。そのまま30分ほどおいて酢の成分が浸透したら、そのペーパーで軽くこすっていきます。水垢は水の中のミネラル分が結晶化したもの。酢の剥離作用を応用すると、この結晶を簡単に取ることができるのです。それでも残ってしまった水垢は、塩を指につけてこするとよいでしょう。これで蛇口周りはピッカピカ。

スポンサーリンク

ほとんどの家庭で常備している酢は、その他にも意外な使い道があります。それは入れ歯の臭いや黄ばみをとること。

入れ歯の手入れには専用の洗浄剤を使っている方も多いとは思いますが、口に入れるものなので自然の成分でお手入れができたらよりうれしいですよね。

やり方は、耐熱性のコップなどに入れ歯がつかる量の熱湯を入れ、その中に大さじ2杯の酢を加えて、入れ歯を浸けておきます。一晩おいて取り出し、歯ブラシで軽くこすりながら水で洗い流します。

酢の成分がしつこい歯石をゆるめてくれるので、少しこすっただけで汚れが落ちるというわけです。酢はどんな種類のものでもかまいません。もちろん酢は口に入れても大丈夫なものですから体にもやさしいですよね。

料理に使ってもおいしい酢ですが、このようにさまざまな使い方も試してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿