おいしいコーヒーを入れたら優秀な消臭剤として再利用する

朝、コーヒーを入れると、部屋中にいい香りがたちこめますよね。コーヒー好きにとってはたまらない匂いでしょう。

このコーヒー、実は焙煎した豆に臭いを吸収しやすい性質を持っていて、消臭効果がある成分も含まれています。コーヒーを入れたあとのカスを、消臭剤として使用することができるんですね。

スポンサーリンク

おいしいコーヒーを楽しんだら、使用済のコーヒーのカスを新聞紙に広げて、太陽光の当たる場所で干します。カスがさらさらになるまでよく乾かしたら、布で作った袋や、小さめの容器などに入れて、シューズボックスや冷蔵庫の中、クローゼットや押し入れの中、トイレなど臭いの気になる場所に置いておきましょう。こうすることで、コーヒーの脱臭作用がイヤな臭いを消してくれますよ。靴やブーツの中に入れるのもよいでしょう。その場合、コーヒーのカスが乾ききっていないとカビが生えることもありますので、じゅうぶん注意してください。

また、煙草を吸う方は、灰皿にコーヒーのカスを敷いておくと、タバコの臭いを抑えてくれます。その他にも、生ゴミの臭い消しや、ペットのトイレの臭い消しなどさまざまな場所で消臭剤として使用できます。

毎朝コーヒーを飲んでいる方は、ただ捨てるだけだったコーヒーのカスを、このようにフル活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿