「脇汗=ワキガ」ではありません!

まずはワキガのしくみを知りましょう

暑い季節や運動の後、また緊張したときなどに脇の下に汗をかくことってありますよね?
そして時間が経つとなんだか汗くさいような気が・・・。私ってもしかしてワキガ?と心配になる方もたくさんいらっしゃるようです。

そもそもなぜ、汗をかいたりすると脇の下から臭いがするのでしょうか。それは、私たちの体にある2種類の汗腺によるものなのです。

スポンサーリンク

汗腺とは文字どおり汗を出す器官のこと。この汗腺のほとんどはエクリン腺と呼ばれるものです。そして脇の下などごく一部にあるのがアポクリン腺です。臭いの原因となる汗を出すのは、このアポクリン線のほう。ここから排出された汗と、皮脂腺から出る脂の成分を、皮膚の表面にいる常在菌が分解し酸化することで、あの特徴のある臭いが発生するのです。

また、腋毛があるとそれをいつまでも留まらせてしまうため、なかなか臭いが消えないのですね。

そのため、ワキガの方が臭いを改善するためには、

なるべく汗をかかないこと

皮脂腺から分泌される皮脂量を減らすこと

皮膚表面を常に清潔に保ち、菌を繁殖させないこと

臭いを留まらせないよう、脇毛を剃るなど工夫をすること

などが重要となるのです。 まずはこれらを対策の基本とし、その他にも有効な手段については、このあとご説明していきましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿