毎日のお風呂で、ワキガや体臭が気にならなくなる?

お風呂のお湯にすっぱい「お酢」を入れよう

何かと忙しい現代人は、ストレスも多く、食生活も乱れがち。運動不足で血液の循環がスムーズにいかなかったり、疲れが溜まったりすると、体内に乳酸という疲労物質が増えます。乳酸が多くなってくると、体内の環境が酸性に傾き、汗に含まれるアンモニアの量が増えるため、汗臭くなります

また、食事のバランスが崩れ、コンビニ食やファストフードが続いているときも要注意。食物から動物性脂肪を摂取しすぎると、皮脂腺が活発に働くため、皮脂の酸化が進みます。このときに、過酸化脂質が増えて不快な臭いの元となるのです。

こういった嫌な臭いが混ざってしまった不快な体臭をなくすためには、表皮の雑菌の繁殖をできるだけ抑えて、体内の血液循環をスムーズにし、汗腺の働きを正しく戻すことが重要。

スポンサーリンク

そのような汗の臭い対策としてオススメなのが、「酢風呂」です。

「酢風呂」とは、いつものお風呂のお湯に酢を入れたもの。使用する酢は黒酢や醸造酢が適しているでしょう。180リットルのお湯に対して、黒酢ならおちょこ1杯分。醸造酢ならコップ1杯くらいが目安です。酢の臭いが気になる方は、お風呂を出る際にシャワーでさっと体を洗い流しましょう。

酢の中のクエン酸には殺菌効果があり、さらに皮膚の表面を弱酸性にしてくれるため、雑菌の繁殖力を弱めます。そして、クエン酸が汗腺に吸収されることで、アンモニアと乳酸の生成も抑止でき、汗の臭いの発生を防ぐことができるのです。

さらにうれしいことに、酢には発汗作用もあります。酢が入ったお風呂に入り続けることで、汗腺から酢の成分が体内に吸収され、血行が促進、発汗が活発に行われ、汗腺の働きを正常な状態にしてくれます。

「酢風呂」をもっと効果的にするためには、塩大さじ2杯から3杯をお風呂に入れ、ぬるめの湯にゆったりと浸かるのも良いでしょう。ぬるめのお風呂で時間をかけて温まるのは、健康にためにはとても良いことなのですが、だんだん皮膚表面がふやけてしまうため、発汗がしにくい状態になってしまいます。

お湯の中に塩を加えることで、浸透圧を調整し、皮膚がふやけるのを防止できるのです。ただし、塩分が強いと浴槽の金属部分が錆びる恐れがありますので、使用後はお湯を放置せずにすぐ捨てて、浴槽を簡単に洗っておきましょう

冷蔵庫にある酢で簡単にできる「酢風呂」。今日からぜひ1週間続けてみましょう。きっといつもの汗の臭いがだんだん気にならなくなっていることに気がつくはずですよ。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿