制汗剤・デオドラント剤は体質によって効き目に違いがある

制汗剤・デオドラント剤の選び方

汗の臭いを気にする方は、数多くの制汗剤やデオドラント剤を試したことがあるのではないでしょうか。「○○は臭いが抑えられた」「××は効き目がなかった」というネットの口コミなども参考に商品を選んでいる方も多いですよね。

しかし、その人の体質などによって制汗剤やデオドラント剤の選び方が異なります。自分がどのような体質かを見極めて、自分に合っているものを使用することが大事なのです。上手に選ばなければ、臭いが抑えられるどころか、さらにいやな臭いになってしまったり、肌あれを起こしてしまうこともあり得るのです。

一般的に市販されているデオドラント剤は、「汗自体を抑えるもの」「かいた汗を臭いごとふきとるもの」「雑菌の繁殖を防ぐもの」「臭いを消す、脱臭するもの」「いい香りで臭いを隠すもの」に分かれています。

スポンサーリンク

まず、ワキガ体質の方は、抗菌・殺菌作用があって、無香性のものを選びましょう。皮膚にしっかりと塗れるクリームタイプやロールオンタイプがおすすめです。いい香りのするもののほうが臭いをごまかせるようにも思われますが、ワキガの臭いとデオドラント剤の香りが混ざってしまい、かえって嫌な臭いとなる可能性もあるため、香料の入っていない無臭タイプのものを使いましょう。

次に、ワキガではないけれど、汗の臭いが気になる。という方は、殺菌よりも汗を抑える制汗効果が高いものを選びましょう。殺菌効果の高いものは、皮膚のかぶれや黒ずみなど、肌が荒れてしまう原因となりかねません。パウダーが入ったタイプやサラサラとした使用感のスプレータイプがより使いやすいですね。運動のあとなどで汗をたくさんかいてしまったときは、汗ごとふけるシートタイプで臭もふき取ってしまうとかなりサッパリします。

汗の量が人より多い方は、パウダータイプではなく、クリームタイプやローションタイプを使用することをおすすめします。多汗症の場合、パウダータイプですと汗でパウダーが固まって白くなってしまったり、パウダーと汗が混ざることで嫌な臭いが発生することもあるからです。

こうした様々な種類のものを選んで使うと、より防臭効果もUPします。しかし、このような制汗剤・デオドラント剤をつけている間は汗腺をふさいでしまうことになるため、あまり広範囲には塗らず、必要な時間だけ塗るようにしましょう。また、皮膚が敏感な方は、帰宅後にシャワーで洗い流したり、濡れたタオルでふき取ったりすることを忘れないようにしましょうね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿