臭いが発生する前に対策を

汗はハンカチではなく濡れタオルで拭う

真夏の暑い日。汗をかいたらどうしていますか?

ハンカチやハンドタオルなどを持ち歩いて、汗をかいたらマメにぬぐう方が多いかと思いますが、特に臭いが気になる方におすすめなのは、乾いたハンカチなどではなく、固くしぼった濡れタオルで体を拭くことです。

臭いの原因は、汗をかいた後に発生する皮膚の雑菌。汗の水分については乾いたハンカチで吸い取れますが、臭いの元の雑菌の餌となる、皮脂や汗の中に含まれている成分は皮膚上に残ったままになります。

スポンサーリンク

そうすると、時間が経つにつれて雑菌が繁殖し、臭いが出てきてしまうのです。濡れタオルで体を拭くと、この皮脂の汚れも取ることができるので、雑菌の繁殖を防ぎ、臭いが発生しにくくなるというわけです。制汗剤などで汗を防ぐことも効果的ですが、猛暑のときなどは汗を抑えるにも限度があります。そういうときには濡れタオルでこまめに拭いた方が、体がとてもさっぱりしますし、冷たい使用感で体のほてりも鎮まります。

濡れタオルの持ち歩き方ですが、ジッパー付きで密封できるビニル袋などに入れてバッグの中に入れておくと良いでしょう。そして、汗をかいたらできるだけ早く拭き取ることも重要。トイレなどで特に臭いが気になる脇の下などを中心に濡れタオルできれいに拭い、使ったタオルを洗面所で水洗いして、またビニル袋に入れておきます。

臭いの元から絶つことで、無臭の状態を持続させることができるのです。家にあるものを持ち歩くだけなのでコストもかかりませんし、すぐに試してみることができますね。おしぼり代わりにもなりますので、夏以外でも持ち歩くと便利です。

注意点としては、使ったタオルはきちんと洗うこと。汗を拭ったタオルを洗わないで何度も使うと、タオル自体に雑菌が繁殖し、臭いが発生してしまいます。そのタオルで体を拭いても逆効果。使ったあとは必ず水洗いし、家に帰ったあとは、別のタオルに交換することをお忘れなく。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿