気になる口の臭いと加齢臭を梅干し&緑茶パワーで予防!

あなたは、自分の口臭や加齢臭が気になると感じたことはありませんか?

「会社の女の子が、自分と話すときになんとなく嫌そうな顔をする。もしかして…」などと、いったん気になってしまうと、心配で仕方がない。そんな悩みを持っている方は「梅干しと緑茶」を毎朝試してみてはいかがでしょうか。

梅干しは、昔から万病に効くとされています。梅干しには強い殺菌作用があり、菌の増殖を抑え、体内の活性酸素を撃退するなどの効能があると知られています。また、疲労回復や食欲不振、食あたりや二日酔いにも良いとされ、肩こりや打撲には外から塗るなどの使い方もされてきました。まさに「医者いらず」ですね。

スポンサーリンク

また、梅干しに含まれるクエン酸は、雑菌の繁殖を抑える働きがあり、体内の代謝も円滑に行う作用があります。そのため、体臭を少なくさせたり、口臭予防にも効果があると考えられます。

そして、緑茶に含まれているカテキンには、高血圧や糖尿病の予防にも効果があるといわれています。カテキンには、体内で臭いの元となる物質が作られることを防いでくれる効果があります。そして、抗菌、殺菌作用もあり、口の中の雑菌を減らしてくれますので、口臭や虫歯、歯周病も防いでくれます。緑茶にはポリフェノールの一種であるフラボノイドも含まれていて、この物質にも消臭効果があります。

緑茶のほか、お茶には紅茶やウーロン茶などもありますが、カテキンの含有量は緑茶、ウーロン茶、紅茶の順に多くなっています。虫歯や歯周病で口臭が気になる方は、食後にお茶を飲むなどすると良いでしょう。ついでに茶葉も有効活用。お茶を淹れた後の茶葉をガムのように噛むと、食後の口臭を早く消すことができます。

おいしい梅干しと緑茶を毎朝の習慣にして、家族や仲間と心置きなくコミュニケーションをとりましょうね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿