体臭をなくすために食生活改善で体質ごと変える

ニラやニンニクなど、臭いの強いものを食べ続けていたら、なんだか体臭もきつくなってきた気がする、と感じたことがありませんか。

それは決して気のせいではありません。食生活と体臭には密接な関わりがあるのです。肉食中心で動物性脂肪を多くとっていると、皮脂腺や汗腺から分泌される油脂が多くなり体臭がきつくなります。特にワキガ体質の方は、臭いの強い汗の出るアポクリン腺がより発達してしまうことになります

そして、体臭をなくすためには、臭いの元となる食べ物を控えるとともに、体内の酸とアルカリのバランスも整えることも重要です。

スポンサーリンク

肉類は酸性の食品です。体内が酸性に傾くと、抵抗力が低下して病気にかかりやすくなります。健康な状態の血液はpH7.36~7.44ほどの弱アルカリ性が理想ですので、この数値に近づくように食生活を見直すことが大切です。

では、血液を弱アルカリ性に保つにはどうしたらいいのでしょう。それは、食事の際にアルカリ性食品を取り入れる事です。緑黄色野菜や海藻類、キノコや大豆、葉菜類などを意識してとることでバランスが良くなります。外食が多い方は青汁を飲むなどして不足している分を補うと良いでしょう。

ただし、野菜のみで肉類をまったく食べない、というのもよくありません。重要なのは栄養のバランス。ひとつの食品をたくさんとるのではなく、様々な食材を少しずつとることを心がけましょう。さらに油は良質の植物油を使い、塩分や糖分を控えめにすることも、健康を維持するためには必要です。

食事は熱すぎず、冷たすぎず、味の濃すぎないものを腹八分目で食べると胃に負担もかかりません。毎日規則正しく食事をとり、寝る2時間前には食事を終わらせること。食材は軟らかいものだけではなく、繊維質の多いものを使い、よく噛んで食べると腸内環境を整えることができます。お酒やタバコ、コーヒーなどの刺激物もなるべく避けましょう。特にタバコには臭い物質が含まれており、この物質は体内で分解されにくいため、汗と一緒に体外へ排出され、体臭の原因になります。

バランスの良い食事が、健康的な体をつくります。体の中からきれいにすることで、体臭や予防にもつながりますので、まずは毎日の食事から見直してみましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿