バラのポリフェノールで加齢臭を撃退!良い香り漂う大人をめざす

前回ご紹介した「バラのエキス」は、加齢臭にも効果があるそうです。

60代の主婦Hさんは、お孫さんが遊びに来ることを何よりも楽しみにしていました。ある日、遊びに来たお孫さんの隣で一緒に食事をしようとしたところ、「おばあちゃんは臭いからイヤ」と逃げられてしまったそうです。若いころは体臭なんてなかったのに、ハッキリ言われてショックだったとのこと。それ以来、出かけるときや友達と会っているときも「もしかして、臭っているんじゃ…」と気が気ではない日々を送っていました。

そんなとき、知人からバラのエキスのことを聞いて試してみたそうです。飲むときにとてもいい香りがするので、なんとなく効くような気がして飲み続けてみること数か月。久しぶりに会った娘に「香水つけるようになったの? いい匂いね」と言われたそうです。お孫さんも、手をつないだり、抱っこしても全く嫌がらなくなったそうですよ。

スポンサーリンク

なぜ、バラのエキスが加齢臭を抑えるのでしょうか。加齢臭が発生するのは、皮脂腺の中にある「パルミトオレイン酸」が加齢により増加し、同じく加齢により増える過酸化脂質と結合することで、「ノネナール」という臭い物質ができるためです。

この、過酸化脂質は、体内に活性酸素が増えるにしたがって増加します。そのため、活性酸素の発生を抑えれば、過酸化脂質の増加も防げるのです。バラエキスに含まれるポリフェノールには強い抗酸化作用があるので、この活性酸素の除去に効果的です。さらに、ポリフェノールの一種のタンニンには制汗作用もあるといわれているのです。加えてうれしいことに、バラには豊富なビタミンCが含まれています。ビタミンCにも抗酸化力があるため、バラエキスには、加齢臭も予防できる作用があるというわけなんですね。

みなさんも、バラの力を借りて、いくつになってもほんのり良い香りのする大人を目指してみませんか?

スポンサーリンク

 

カテゴリー

最近の投稿