体臭予防にも疲労回復にも効果的!夜はお風呂にゆっくりつかる

激しい運動をしたあとは、体に乳酸という疲労物質がたまり筋肉痛になったりしますが、日常生活で普通に歩いたり階段をのぼったりと体を動かすだけでも、この乳酸は増えていきます。乳酸が体の中で増加すると、かいた汗の中にアンモニアなどの臭い成分が増え、体臭の原因となります。そのため体臭を減らしたい場合は、体内の乳酸も減らしていく必要があるのです。

簡単に乳酸を減らすには、お風呂に入ること。ゆったりとつかるお風呂には、血液の循環を良くする働きがあります。そうすると体内の乳酸はぐっと減っていきます。さらに入浴したあとに夜更かしなどせず、すぐにベッドに入れば、その乳酸が減った状態を維持したまま次の日を迎えることができるのです。疲れが残っていなければ、一日のスタートも爽快な気分でいられますよね。

スポンサーリンク

帰りが遅いから夜は早く眠って朝風呂にしたい、という方もいらっしゃるかもしれませんが、朝風呂だとどうしても急いで入ることになるため、乳酸を理想的な数まで減らすことが難しくなりますし、リラックス効果も薄くなります。そして入浴後すぐに活動することになると、逆に乳酸が増えやすくなり、体臭も強くなってしまうという欠点があります。

毎日の疲れを癒し、さらに体臭も減らすためには、一日の終わりにゆったりとつかるお風呂が効果的。好きな音楽を聴いたり、日替わりでいろんな入浴剤を試してみたり、空想をしてみたり…。ゆっくりとお風呂で過ごすことで気持ちもリセットできるので、夜風呂習慣をおすすめします。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿