鉄と葉緑素で悪臭成分を吸着。臭いを外に出さない方法

夜遅くまで仕事をして帰路につく際の電車内。飲み会帰りのサラリーマンの口臭や、汗の臭いなどで独特の臭いが漂ってくることがあります。朝のほうが人も多いのに、どうして夜の方が臭いを感じるのでしょうか。それは、一日活動をして疲れが溜まってくる夜のほうが、人間の体臭が強くなるからなのです。そんなことをきくと、「自分の臭いも気になる」とつい心配になってしまいますよね。

そんなとき、「FeクロロフィリンNa」という葉緑素が含まれているサプリなどを飲めば、お腹の中から臭いの元を消してくれます。これは、「FeクロロフィリンNa」とは、鉄(Fe)とクロロフィリンNaが結合したもの。似たようなもので「銅クロロフィリンNa」というものもあります。こちらはすでに、口臭除去の薬など、医薬品の成分に使われていますが、銅より鉄と結合したもののほうが消臭効果が高いといわれています。

スポンサーリンク

このFeクロロフィリンNaの消臭効果実験結果では、腐った玉ねぎの臭いに含まれるメチルメルカプタンに対しては87.5%、腐った卵の臭いに含まれる硫化水素に対しては95%以上、ワキガなどに含まれるアンモニアに対しては60%、タバコの臭いなどに含まれるアセトアルデヒドに対しては50%もの消臭効果があったそうです。

また、「イヌリン」にも消臭に効果があります。イヌリンは食物繊維であり、腸内で善玉菌のビフィズス菌のエサとなってくれるため、腸内環境を健やかに保ちます。善玉菌が増えると、腸内でくさい臭いが発生するのを抑制してくれるのです。

このような成分を上手にとっていけば、体の中にある悪臭を吸着、臭いを発生させずに体外へ排出する効果が期待できます。そのため、体から発する臭い(口臭、ワキガ、加齢臭、足の臭い、便の臭い)も軽減することができるのです。FeクロロフィリンNaが配合されたサプリメントは市販されているので、体のさまざまな部位の臭いが気になる方は、元を絶つべく体の中から臭いを消すようにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿