植物の力を使った入浴法が体臭予防に効果を発揮する

毎日、汗や体の汚れを洗い流すと、当然、体臭を減らすことができますよね。昔から人々の間で伝えられてきた入浴法の中には、お湯につかることで体の汚れを洗い流すだけではなく、皮膚を清潔にして臭いを元から絶つために、植物のパワーを借りた良い方法があります。

まずは西日本で今でも実践する方の多い「笹風呂」。笹の葉には脱臭や消臭効果のある葉緑素や多糖類がたくさん含まれていて殺菌作用もあるため、臭い消しだけではなく水虫や湿疹ができやすい方にも効果的でしょう。この笹の葉を入れたお湯につかると、「畑仕事でかいた汗の臭いもとれる」と伝えられてきました。近くに笹の生えている場所がない!という方は、お風呂に入れるパック入りのものが市販されているので、そちらを使ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク

次に、中国で古くから伝わる「雲南茶風呂」があります。お湯に雲南茶を適量入れると、風呂あがりはさっぱり、皮膚も清潔にしてくれます。脂っこいものを食べたときに中国茶を飲むとすっきりするように、中国古茶には脂肪分を分解してくれる酵素が含まれているので、汗をよくかき、肥満気味の方にはうってつけですね。

そして、「マコモ風呂」というものもあります。マコモとはイネ科のマコモダケのことで、野菜として食べることもできます。このマコモの茎に寄生している黒穂菌という菌が、体の老廃物や垢を食べてくれるため、臭いが抑えられるという効果があることがわかっています。このマコモの皮をお風呂に入れて入浴するのですが、お湯の色が黒くなるため、気になる方は洗面器でマコモ湯をつくり、タオルを浸して体を拭くというやり方でも体臭予防に効き目があるでしょう。

どの入浴法を試すにしても、かならずお湯をたっぷり入れて全身ゆったりとつかることが大切です。そうすることで毛穴も開き、汚れや脂分が浮きやすくなるのです。また、体を洗う際も皮膚を傷つけないようにやさしく丁寧にすみずみまで洗うようにしましょう。

また、自宅で行うのは少々難しいですが、おがくずなどを利用した「酵素風呂」などもおすすめ。酵素の力で体の脂肪分や汚れを分解してくれます。適温でゆっくり入るため血液の循環もよくなり、リラックス効果も得られます。この酵素風呂に葉緑素の働きもプラスした「森林浴風呂」というものもあります。ちょっと疲れが溜まってきたなと感じるときなどに、体のスペシャルケアとして試してみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿