入浴剤としても優秀!お菓子づくりや掃除に便利な「重曹」

お菓子づくりなのに使われる「重曹」。最近ではキッチンや浴室の掃除や、臭い消しなどにも使えるということで、常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。

重曹は炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダというナトリウム化合物です。地下にある鉱床や湖の沈殿物に含まれる天然成分で、その成分を精製、または塩を化学変化させたものを一般的に使用されています。この重曹の働きを上手に活用することで、体臭を抑える効果も期待できるのです。

まずは重曹の研磨作用。重曹の粒子は非常にやわらかく細かいため、毛穴の汚れをかき出すスクラブのような働きをしてくれます。

スポンサーリンク

そして、中和作用。重曹は弱アルカリ性で、酸性の物質を中和してくれます。重曹を使用することで、脂肪酸や汗の臭いの元となる酸性の成分を中和して除去できるというわけです。また雑菌は酸性のものに弱く、酢を利用して殺菌することは広く知られていますが、アルカリ度が高くても雑菌は繁殖できないため、重曹でも皮膚の雑菌を落とすことができるのです。

さらに、重曹を水に入れることでお湯がやわらかくなるので、入浴に最適です。日本の水はほぼ軟水ですが、やはりカルシウムやマグネシウムなどの成分が含まれています。入浴の際に重曹をひとつかみ程度お湯の中に入れることで、この成分を挟み込んで肌にやさしいお湯に変えてくれるというわけです。重曹を入浴剤として使用すると、汚れはしっかりと落としつつ、肌の状態を健やかに保ってくれます。この重曹風呂を毎日続けることで皮膚の代謝力もアップし、肌にも透明感が出てくるでしょう。

入浴に使用する場合は、掃除用や農業用ではなく、食品用の重曹を使うようにしましょう。食品にも使用される重曹は口に入っても安心。食品売り場やドラッグストア、100円ショップなどでも購入することができますので、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿