メタボが引き起こす心筋梗塞や狭心症などの「心臓病」

心筋梗塞とは具体的にどのような病気なのか?

心臓には冠動脈と呼ばれる、筋肉を覆うようにしてできた血管の集まりがあります。
心筋梗塞とは、この冠動脈に血栓(血の塊)ができてしまい、血流をさえぎってしまう状態のことをいいます。

心臓に血液がいかなくなるので、すぐに処置をしないと命を落とします。

この心筋梗塞は、胸や背中など上半身のどこかに激痛が走ったり、突然強い吐き気や、嘔吐に襲われるケースもあります。

スポンサーリンク

冠動脈が詰まるとどうなるのか?

冠動脈に血栓ができて、血流が心臓全体に行き渡らなくなると、細胞への酸素供給が行き渡らなくなる為、心臓の心筋という部分が壊死してしまいます。
これがいわゆる心筋梗塞と呼ばれる症状のことで、死亡率が極めて高い病気のひとつです。

心筋梗塞が恐ろしいのは、初期症状などの自覚症状がほとんどなく発症してしまうからです。一見健康そうに見える人でも、動脈硬化が進んでいれば、そのリスクは大いに考えられます。

定期的な健康診断をおこない、体内の見つけにくい異常の早期発見に努めなければなりません。

内臓脂肪を減らせば、生活習慣病リスクは大幅に軽減される

この心筋梗塞は、メタボリックシンドロームが元凶となって起こるケースが、非常に多いとされています。
内臓脂肪が血管に悪影響を与えて引き起こす病気は、心臓病の他にも脳梗塞などがあります。

脳梗塞は、脳に直接酸素がいかなくなる為、治療後も後遺症が残るケースがあり、心臓病と並んで深刻な症状のひとつだといえます。

これらの病気は、内臓脂肪を減らすことで、大幅にリスクを軽減することが可能です。病気にかかる前の予防を心がけて、体内環境を整えてあげる事が大切だといえるでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿