下半身に発症する動脈硬化の症状

下半身の動脈硬化「閉塞性動脈硬化症」

動脈硬化による弊害は脳や心臓だけではなく、太ももやふくらはぎなどの下肢にも弊害が及びます。下肢に動脈硬化のよる弊害が起こる症状のことを、「閉塞性動脈硬化症」といいます。

これは、50代以降の男性に多くみられる症状で、下肢の動脈が詰まることで、痛みや潰瘍、細胞の壊死などの自覚症状があります。この症状は、高血圧や高血糖、高脂肪血症などが原因となって発症する恐れがあります。

スポンサーリンク

閉塞性動脈硬化症が心臓病のシグナルになる場合も!

閉塞性動脈硬化症が発症した場合、動脈硬化は下肢だけではなく、全身にも及んでいる可能性が考えられます。そのため今後、脳梗塞や狭心症などの脳や心臓への弊害を危惧する必要があるといえます。

なおこの病気は、女性よりも男性のほうが多く割合を占めていて、女性の発症割合は全体の約10%程度。タバコや糖尿病が起因して起こるケースが多いようです。

初期症状から疑ってかかろう!

閉塞性動脈硬化症は、初期の段階では、軽い痺れや足先が冷たくなるなどの血行障害からあらわれます。この段階では、まだ痛みや歩行障害等はなく、ただの冷え性に勘違いされやすのですが、実はひっそりと病気が進行している恐れがあります。

この病気が最終段階まで進行すると、痛みや歩行障害だけではなく、下肢に酸素がいきわたらなくなることによる細胞の壊死があらわれます。この段階まで進行してしまうと、治療が困難を極めます。

また、最悪の場合、合併症による死亡の危険性が考えられます。

少しの異常でも、軽く考えずに、病院での検査および治療をきちんとおこなうことが、命を守る最善の策だといえるでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿