メタボリックシンドロームの肝臓への悪影響について

内臓脂肪が肝臓に与える影響とは?

内臓脂肪が蓄積すると、肝臓に多く脂肪が行き渡ります。

肝臓は通常、流れ込んできた遊離脂肪酸を中性脂肪に変えて、血液に送るのですが、その機能が追いつかないほどに脂肪が流れ込んでくると、肝臓自体に中性脂肪が溜まってしまいます。
これを脂肪肝といい、アルコールを毎日頻繁に摂取する人に多く見られる症状です。

なお、最近では、アルコール以外でも脂肪肝になってしまう患者のケースが増えているようです。

スポンサーリンク

糖質の過剰摂取も脂肪肝になる原因のひとつ

お酒を全く飲まないのに、肝臓に脂肪が溜まってしまうという患者が近年では増えてきています。その原因には、糖質中心の食生活が影響しているものだと指摘されています。

糖質は、必要以上に摂取していると中性脂肪に変わり、内臓にどんどんその脂肪が蓄積されていきます。蓄積された脂肪は、その近くにある肝臓に真っ先に溜まっていきます。

その結果、アルコールを摂取していなくても脂肪肝になってしまうというわけなのです。

脂肪肝から誘発される病気とは?

脂肪肝を放っておくと、慢性肝炎、肝硬変、最悪のケースですと、肝臓がんにまで進展する恐れがあります。肝臓は痛みを生じない臓器ですので、がん細胞が生まれても、自覚症状のないまま、どんどん進行していきます。

このように、内臓脂肪型肥満の最終地点は、死に直結する病気だと考えても過言ではないのです。お腹周りのサイズや、血圧、血糖値は常にチェックをして、体を正常な状態に整える努力をおこなうことで、病気になるリスクも低くなります。

毎日の健康管理とウエイトコントロールを、ぜひ心がけてください。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿