ダイエットのために知っておくべき食事の栄養バランス

肥満を防ぐバランスの取れた食事内容とは?

食事の栄養は、6つの食品群をバランスよく摂取することで、体内で効率よく転換され、体に健康をもたらします。
その6つの食品群は、たんぱく質、カルシウム、カロチン、ビタミン、炭水化物、脂質です。

これらの栄養素が欠けることなく摂取されることで、内臓脂肪になりにくい食事を実現することができます。

スポンサーリンク

6つの食品群から30品目以上を毎日食べる必要がある

バランスの取れた栄養は6つの食品群を摂取することで、実現できますが、品目は30種類以上の食品を食べなくてはなりません。ただ、30品目を毎日摂取するのは無理ではないか?というのが現実です。

品目数を増やすと食費もそれだけかさみますし、手間を考えると、料理にそれだけ時間が取れない人のほうが多いでしょう。そういった人は、最初品目数を考えずに、食事の内容を変えるだけで、健康的な体にできる食事内容にすることができます。

大事なのは野菜!緑黄色野菜中心の食事を心がけよう!

品目数を満たすことができない人は、緑黄色野菜中心の食生活をおこなうことで、太り難く健康的な体を保つことができます。
緑黄色野菜といえば、ほうれん草やピーマン、人参など、色の濃い野菜のことです。

緑黄色野菜ではないですが、キャベツやレタスなどにも食物繊維が多く含まれていますので、合わせて食べるといいでしょう。

生野菜が苦手な人は、茹でたり炒めたりなど、熱を加えてカサを減らしても大丈夫です。
とにかく脂肪や糖分中心の食生活を野菜中心に変えること!それだけで、肥満が改善され、生活習慣病リスクを減らすことができます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿