人間の基礎代謝リズムについて

どのような食事のとり方が太りにくいのか?

人間には、生きるために必要な基礎代謝活動があります。
この基礎代謝には、1日朝・昼・晩のリズムがあり、そのリズムを知っていることで、太りにくい食事をすることができます

では、一体どのような食事のとり方が理想的なのでしょうか?
ここでは、基礎代謝の1日のリズムと、それに合わせた食事のとり方について取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

代謝のリズムについて

摂取したエネルギーを消費する人間の体の代謝活動は、朝・昼・晩と変動していきます。
朝起きた時は、人間の体の機能はまだ眠ったままに近い状態ですので、代謝活動は低い状態です。

それが昼になると、段々と体も目が覚めてきて、エネルギー代謝量は増加していきます。
それから夜になると、代謝は低下していき、睡眠時には、内臓などの器官を生かすための基礎代謝のみとなります。

このリズムに合わせて食べる物の内容や量を調節することで、肥満になりにくい食事をすることができます。

理想的な食事のとり方について

朝は体や代謝機能が眠ったままですので、それを目覚めさせる意味でも朝食は、しっかりとります。
内容は、炭水化物のようなエネルギー中心の食事で、そのエネルギーを円滑に体に回すために、ビタミンを多く含む野菜や果物も一緒に食べるといいでしょう。

昼は、朝から活動してエネルギーを消費している状態ですので、それを補給する目的で、同じくちゃんと食べます。
昼は、比較的栄養バランスに気をつけた食事内容にします。
なお、朝食をしっかりとっていると、昼食時にカロリーをとり過ぎずに済みます。

夜は、炭水化物の摂取量を少なくして、野菜中心の食事にすると、お腹に脂肪が溜まりにくいです。
運動をしている人は、低脂肪高たんぱくな食品を摂取して、筋肉の成長を助けます。
「鶏のささみ」を使った料理などがオススメです。

食事は、朝ちゃんと食べることで、1日の代謝量を増加させることができます。つまり太りにくくなるわけなのです。
健康的な体は、考えられた規則正しい食事から生まれるということですね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿