脂肪の燃焼を促進する物質グルカゴンホルモンとは?

血糖値が下がることで分泌されるホルモン物質

人間の血糖値に深く係っているホルモン物質で有名なのがインスリンです。
インスリンは、糖質を摂取して血糖値が上昇すると大量に分泌され始め、上昇した血糖値を抑制する働きがあります。

血糖値が下がると、今度はインスリンと違って血糖値を上げる物質があります。その名はグルカゴンホルモン
このホルモン物質には、血糖値が過剰に下がりすぎるのを防ぎ正常値に戻すと共に、脂肪細胞に蓄えられたエネルギーを消費させるよう、促す働きがあるといいます。

スポンサーリンク

ここでは、そんなグルカゴンホルモンの、体内での役割について取り上げてみたいと思います。

生命を維持するのに欠かせない物質

人が数日間食べずに生きていられるのはなぜでしょうか?

エネルギーの元となるグリコーゲンは、体内で長期間貯蔵することができず、すぐに底をついてしまいます。
ですが、人間の体は、その代わりに脂肪が燃焼されることによって、生命維持に必要なエネルギーがまかなわれているのです。

グルカゴンホルモンは、いわば、糖質の燃焼から脂肪の燃焼へシフトする際の司令塔のような役割を持っている物質なのです。

グルカゴンホルモンを多く分泌させるには?

グルカゴンホルモンは、糖質の摂取量を抑えることで血糖値が下がり、多く分泌されるようになります。

食事内容を炭水化物中心の生活からたんぱく質や食物繊維中心の食生活にシフトすることで、グルカゴンホルモンがたくさん分泌され、体脂肪を燃焼しやすい体質を作ることが出来るのです。
砂糖が多く含まれているお菓子やドリンクは、グルカゴンホルモンの分泌を抑えてしまいますので、ダイエット中は極力控えたほうがいいでしょう。

このように、人間の体の中でおこなわれているしくみを理解することで、ダイエットの成功率は飛躍的に上がります

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿