アルコールの過剰摂取が内臓脂肪を蓄積させる

飲酒をするとなぜ脂肪が溜まる?

飲酒と内臓脂肪の蓄積に関してお話したいと思います。

過度な飲酒は、内臓脂肪の蓄積ならびに脂肪肝を招いてしまう恐れがあります。

 

お酒に含まれるアルコールは、肝臓を経由した時に分解されて体内に残ることはありません。

では、なぜ、お酒を沢山飲む人の内臓に脂肪が溜まってしまうのか?

 

それは、お酒の原料が糖質の元となる穀物でできているからなのです。

これが肝臓を経由しながら中性脂肪として体内に蓄積されていくわけなのです。

 
スポンサーリンク

 

カロリーゼロのお酒なら大丈夫なの?

カロリーに関係なく、お酒を飲んでいると太りやすくなります

それには、肝臓の代謝機能が深く関係しているとされています。

 

肝臓は、食事によって取り入れた栄養分を代謝して、体内に循環させる働きがあります。

お酒を飲まない場合だと、食べたものの栄養が先に代謝されますが、アルコールを摂取した場合、そのアルコールを先に代謝しようとする働きが活発になります。

つまり、食事による代謝が実は後回しになるのです。

 

後回しにされた糖質や脂質などの栄養分は中性脂肪化し、そのまま内臓に溜まっていってしまうというわけなのです。

 

ですから、カロリーゼロのアルコールでも、決して太らないわけではないということ!

間接的に内臓脂肪の蓄積に関与しているのです。

 

 

運動をしてストレスを発散!代謝を促す

人間の体は、年を重ねていくに従って基礎代謝が低下し、内臓脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

特にアルコールを頻繁に飲む人は、お酒の量や飲む機会を減らすことはもちろんのこと、運動をして体の代謝機能を高めてあげることが大事です。

 

運動には、脂肪を燃焼させる効果はもちろんのこと、精神的なストレスを軽減する効果もあります。

「ストレス太り」という言葉もあるように、ストレスは、内臓脂肪の蓄積に影響を与えるホルモン物質「コルチゾール」を分泌させる要因となります。

 

適度な運動を定期的におこなえば、こうした肥満の原因を排除することができ、年をとっても健康的な体を保ちやすくなるでしょう。

 
スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿