内臓脂肪がもたらす弊害

内臓脂肪が溜まると様々な病気を招く

ここでは、内臓脂肪が原因でもたらされる病気についてのお話を、したいと思います。

内臓脂肪が蓄積すると、なぜ病気になりやすいのか?
それは、脂肪細胞が分泌する悪玉サイトカインが、血管に悪影響をもたらすと考えられているからです。
それにより、血管が動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる重大な病気を招く恐れがあるのです。

以下では、内臓脂肪から分泌される悪玉サイトカインがもたらす体への影響について、お話します。

スポンサーリンク

悪玉サイトカインは高血圧症や糖尿病を引き起こす

内臓脂肪から分泌されるいわゆるホルモン物質には、血管に悪影響を及ぼす物質が含まれています。
その名称は「アンジオテンシノーゲン」と呼ばれる生理活性物質です。

この物質は、血圧を上昇させる作用があり、これにより、血管の壁が厚くなっていき動脈硬化を招く恐れがあります。
動脈硬化は、それ自体が命にかかわる症状というわけではないのですが、それによってもたらされる脳梗塞や心筋梗塞が怖いのです。

また、インスリンの働きが抑制されてしまうと、高血糖症が引き起こされます。
高血糖症が長期間続くと、糖尿病という危険な病気を引き起こす恐れがあります。

血圧は、体重を内臓脂肪を少し減らせばある程度改善される!

高血圧は、ダイエットや減塩した食事内容を継続することで、ある程度改善されます。
ダイエットは、無理のある内容ではなく、現在の体重から内臓脂肪を5キロ減らせば、今よりもはるかに健康な体に戻ることが出来ます。

ちなみに内臓脂肪は、意外に皮下脂肪よりも早く、そして簡単落とすことができます。
普段の生活習慣を見直し、体内環境を改善していきましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿