内蔵脂肪で命を落とす!?メタボの症状とは?

メタボリックシンドロームは内蔵肥満型の体型に多い

下半身に皮下脂肪がつきやすい洋ナシ型の体型よりも、リンゴ型といわれるお腹に脂肪がつきやすい体質の人は、運動や食事による管理が必要です。

最近お腹が出てきたなと感じたり、健康診断の結果、血圧やHDコレステロール値が高かった人は要注意!
メタボリックシンドロームといわれる、生活習慣病を招く恐れのある症状になっているのかもしれません。

メタボリックシンドロームとは、内蔵に基準値以上の脂肪が溜まった状態のことを指します。
肥満は海外では日本よりも、深刻な問題として取り上げられていて、太りやすい炭酸飲料などには、税金が課せられているという国もあります。

スポンサーリンク

なぜメタボリックシンドロームが問題になるのかというと、血液をドロドロにして血管にダメージが与えられ、最悪「死」を招く恐れがあるからです。
内蔵に脂肪が溜まると、それを循環する血液にも脂肪分が多く含まれてしまいます。

その結果サラサラだった血液がドロドロになり、やがて血管壁に蓄積されていきます。
血管壁に蓄積されていくと、当然血液の通り道が狭くなります。

太っていなくてもメタボの可能性が・・・

メタボリックシンドロームは、自分が知らないうちに潜在している恐れがあります。

みなさんは、隠れ肥満という言葉を聞いたことがあると思います。

隠れ肥満とは、見た目痩せているのに、内蔵脂肪の数値や血圧値、血糖値が高い状態のことを指します。
この状態も、見た目で太っている場合と同じく、メタボリックシンドロームに該当します。

痩せているから安心というわけではなく、内蔵、血管、血液の数値が正常かどうかが、メタボの判断基準になるのです。
当然、内蔵周りに脂肪が過剰に溜まってくると、ウエスト周りが太くなってきますので、最近おなかが出てきたな・・・と感じたら、それはメタボのシグナルでもあります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿