メタボは4つの数値で診断される

「高血圧」「内臓脂肪型肥満」「高脂血症」「高血糖値」、これらの数値に要注意!

内臓脂肪型肥満、高脂血症、高血圧、高血糖の4つの危険因子のうち、2つ以上が該当した状態だと、メタボリックシンドロームと診断されます。
この状態のなにが怖いのかというと、そこには動脈硬化が潜んでいるからなのです。

血液は臓器を循環しながら、体全体に行き渡ります。
その時内蔵に過剰な脂肪が溜まっていると、血液にコレステロール(脂肪分)が多く含まれてしまい、

動脈硬化とは、動脈硬化とは、血液の通り道となる血管にコレステロールが溜まっていき、柔軟性を失いもろくなった状態のことをいいます。
脂肪が詰まった血管は通り道が細くなっていて詰まりやすくなっています。

スポンサーリンク

そのため、メタボリックシンドロームは、動脈硬化から始まり、心筋梗塞や脳梗塞などの複数の重大な疾患を招く恐れのある、極めて危険な症状なのです。

メタボリックシンドロームは自分で測定可能!

メタボリックシンドロームの兆候は、自分で診断することもできます。
まずは、ウエスト周りを測るための巻尺か何かを用意してください。

へそ周りのウエストサイズが男性で85cm以上、女性で90cm以上あると、腹部に脂肪が溜まっていると診断できます。

ただ、これが皮下脂肪なのか内蔵脂肪なのかの判断には、健康診断の結果が必要となります。
健康診断では、以下の項目に注目してください。

空腹時血糖値(110mg/dL以上だと要注意)
中性脂肪値(150mg/dL以上もしくは、HDLコレステロール値40mg/dL未満だと要注意)
血圧値(最高血圧値130、最低血圧値85以上だと要注意)

これらの数値に異常が見られた場合は、今後運動や食事での管理をおこない、生活習慣病発症のリスクを抑えるように心がけましょう。

※なお、メタボリックシンドロームは動脈硬化を招き、心臓病や脳梗塞などが発症するリスクが、健康な場合と比べて30倍以上に跳ね上がります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿