BMI値だけではわからないメタボの症状

肥満発見計算式BMIとは?

従来では、肥満かどうか、自分の体格を診断する計算式にBMIが使われていました。
BMI値は、その人の体格を数値で判定するというものです。
これには、計算式があります。

【BMI計算式】
BMI=自己体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

この数値が18.5未満ならその人の体格はやせ型、18.5~25.0未満だと正常な体格、25.0以上だと肥満だと診断されるというものです。

スポンサーリンク

ただ、このBMIには、皮下脂肪も含まれてしまうため、内蔵脂肪型肥満を正確に診断できないという欠点があります。
そのため、メタボリックシンドロームの診断基準には、このBMIは採用されにくいという一面があります。

また、この数値では、体重と身長しか考慮していないので、筋肉量が多くても身長が低くて体重が重いようならば、肥満の体格と判断されてしまいます。

BMI値より重要なウエスト周りの測定

BMI値は前項でも言いましたとおり、内臓脂肪と皮下脂肪すべてを含む数値であらわされます。
したがって、内蔵脂肪の量が判断基準となるメタボリックシンドロームでは、BMIが正常でも実のところわからないのです。

メタボリックシンドロームの診断は、BMI値よりもむしろ、ウエスト周りのサイズを測るほうが正確に判断できます。
男性は85cm以上、女性は90cm以上だと危険シグナルです。

ただし、メタボリックシンドロームは、隠れ肥満の方にも潜んでいる場合があります。
お腹が出ていなくても、血圧や血糖値が基準値よりも高い場合は、実はメタボだったりするわけなのです。

ですので、健康診断は定期的に受診することが何よりも大切です。

生活習慣病は、隠れたところに潜んでいます。
正確なメタボの判断基準を知ることが予防の第一歩だといえるでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿