体内に含まれる脂肪の種類

よく知られていない脂肪の種類

人間の体の中にある脂肪には、中性脂肪、コレステロール、脂肪酸、リン脂質の4種類があります。
このうち内臓脂肪や皮下脂肪として体内に貯蔵されるのは、中性脂肪で、体の脂肪の9割はこれでできているといわれています。

中性脂肪は、肉の脂身やバターなど、いわゆる脂っこい食べ物に多く含まれていています。
お腹周りの贅肉や二の腕のたぷたぷした部分は、この中性脂肪の蓄積からできています。

ダイエットをしている人は、まずこの中性脂肪の摂取を減らすことから始める必要があります。

スポンサーリンク

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールとは、性ホルモンや胆汁酸、細胞膜を作り出すのに必要な成分で、これもまた脂肪の一種です。
一般的にコレステロールと聞くと、悪いイメージがあると思いますが、コレステロールには善玉(HDLコレステロール)と悪玉(LDLコレステロール)の2種類があります。

善玉コレステロールは、悪玉と違って人間の体にはなくてはならないものです。
動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを血管壁から引き剥がして、それを浄化する肝臓まで運搬まで運搬する役目があるのが、この善玉コレステロールです。

健康診断のときにおこなう血液検査では、空腹時に血液を採取して、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの量の値を測定してもらえます。

常時使われるエネルギー「脂肪酸」

脂肪は、グリコーゲン(糖質)と比べてエネルギー転化率が悪く、運動をおこなっても一番最後に燃焼を始めるエネルギー成分です。
ですが、脂肪の中でも常時エネルギーとして使用されるものが「脂肪酸」といわれるものです。

人が生きて活動をおこなうのに適度な量が求められる物質といえます。

それと違って内臓によく溜まる中性脂肪は、脂肪酸と比べて燃焼しにくい物質です。
グリコーゲンで補えない量のエネルギーが必要になった時に、この中性脂肪が燃焼されるといわれています。
有酸素運動は、この中性脂肪を燃焼するのに適しているとされています。

強度が低く長時間の運動は、グリコーゲンが切れるまでおこなわれるので、次に燃焼するのは「脂肪」だというわけです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿