脂肪が溜まるメカニズム

体脂肪が増加する原因とは?

体脂肪が溜まっていくのは、インスリンの活動が原因とされています。
摂取した炭水化物(糖質)は、エネルギーに転化され、活動するために燃焼がおこなわれます。

インスリンは、エネルギーを管理する役割がある物質です。
このインスリンの働きに異常があらわれると、体脂肪の蓄積量が増加しやすくなるといいます。
では、そもそもインスリンとはどういった物質なのでしょうか?

スポンサーリンク

インスリンはエネルギーの貯蔵・燃焼をコントロールする物質

インスリンには、血液中に含まれているブドウ糖を感知して、燃焼させる働きを持つ物質です。
摂取した糖分は、肝臓から体中の血液にエネルギーとして送り出されます。

インスリンは、血液に貯まったエネルギーを燃焼させようと、身体に働きをかけます。
ですが、身体の活動量が少ない場合、余ったエネルギーは、どうなるのでしょう?

この場合、インスリンは燃焼とは真逆の働きをおこない、体内に中性脂肪として貯蔵させるよう命令を出し始めるのです。
このように、インスリンには、糖質を「燃焼」「貯蔵」させる2つの役割があるのです。

食べすぎや運動不足がもたらすものとは?

エネルギーを過剰摂取したり、そのエネルギーが使われない環境が長く続くと、インスリンの働きが悪化した、「インスリン抵抗性」を招く恐れがあります。
これは、インスリンが糖質を燃焼させる働きが弱くなった状態です。

インスリン抵抗性になると、燃焼よりも貯蔵の割合が多くなり、普通なら脂肪がたまらない環境でも、わずかなエネルギーを中性脂肪として貯蔵するため、太りやすくなってしまうのです。
インスリンの働きを活発にするためにも、適度な運動と食事制限をおこない、体内の環境から整えていく必要があるのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿