脂肪細胞が分泌する善玉と悪玉のホルモン物質

肥満を予防する善玉サイトカインの働き

脂肪細胞から分泌されるホルモン(生理活性物質)を、アディポサイトカインといいます。
このアディポサイトカインには、悪玉と善玉の物質の2種類があり、最近では、生活習慣病の予防に、善玉サイトカインが注目されています。

善玉のサイトカインには、レプチンアディポネクチンという名称の物質があります。
この二つの物質には、肥満予防、血圧や血糖値の低下をもたらす働きがあります。

スポンサーリンク

血管を修復するアディポネクチン

善玉サイトカインの一種であるアディポネクチンには、血管の傷を修復して改善する働きがあります。

血管は傷がつくことで、悪玉コレステロールが蓄積されやすい環境となります。
その環境が長期間継続すると、心筋梗塞や脳梗塞になる恐れのある動脈硬化を招いてしまいます。

アディポネクチンは、この傷を修復して血管を正常に戻すための手助けをしてくれます。
その他、中性脂肪値や血糖値の低下、血圧の正常化など、の生活習慣病予防効果をもたらしてくれます。

肥大した脂肪細胞が分泌する悪玉サイトカイン

サイトカインには、過剰分泌されると体に悪影響をもたらす悪玉のサイトカインが存在します。
そのサイトカインは、「PAI・1」「HB・EGF」「TNF-α」「アンジオテンシノーゲン」という4つの物質です。

これらの物質には、出血を抑えたり、腫瘍細胞の元となる細胞を破壊する働きがあります。
しかし、過剰分泌されると、血栓ができやすくなったり、インスリン抵抗性を招いたりと、体への悪影響をもたらす働きに変わります。

これらの悪玉サイトカインは、肥大化した脂肪細胞から分泌されやすいといいます。
つまり、肥満は、体に悪影響のある悪玉サイトカインを過剰分泌させてしまい、寿命が短くなる恐ろしい症状なのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿