洋なし型とリンゴ型、下半身と上半身の肥満の違い

脂肪のつき方は人によって違う

肥満体型にも個人差があり、人によって脂肪が溜まる場所が違います。
二の腕や太もも周り、もしくはお腹周りに贅肉がついている場合など、肥満のタイプは人それぞれ。

ただ、肥満のタイプには、健康への悪影響が出る恐れがあるため、特に気をつけなければならない肥満があります。
それはリンゴ型肥満と呼ばれる体型のこと。

お腹周りについた脂肪のせいで、体がりんごのような形になることから、このような名称がつけられています。
なぜこの体型だと危険なのでしょうか?

スポンサーリンク

下半身に脂肪が溜まる洋なし型肥満

洋なし型肥満は、下半身に脂肪が溜まって、洋なしのような体型になることから、そう呼ばれています。
このタイプの肥満は、皮下に脂肪が溜まっているだけですので、生活習慣病のリスクは少ないとされています。
(※生活習慣病と全く関係ないとはいいきれません。)

それと比較して注意したいタイプの肥満が「リンゴ型肥満」です。

お腹周りに脂肪が溜まるリンゴ型肥満

リンゴ型肥満がなぜ危険なのか?
リンゴ型肥満は、いわゆる内臓脂肪型肥満のことです。
お腹周りに脂肪が溜まって、見た目がリンゴのような形の体型になることから、そう呼ばれています。

リンゴ型肥満は、内臓にびっしりと脂肪が蓄えられている肥満です。
そのため、高血圧、高肪血症、高血糖を招く最大の原因です。

リンゴ型肥満がもたらすリスク

内臓に脂肪が溜まっているリンゴ型肥満は、糖尿病、心筋梗塞脳梗塞を招く恐れがあります。
動脈硬化を招く恐れのある肥満ともいえます。

このタイプの肥満は特に女性よりも男性に多くみられ、早急に改善が必要です。

また、見た目では、太っていなくても、内臓だけに脂肪が溜まってしまう隠れ肥満のケースもあります。
隠れ肥満は、腹部の皮下には脂肪が溜まっていないので、わかりにくいですが、健康診断時に血液検査をすることで、見つかるケースが多いようです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿