内臓脂肪を溜めやすい環境

早飯に要注意!一気に食べると肥満の原因に

食事をゆっくりとるタイプの人と早く食べ終わる人。
この2つのタイプでは、肥満になるリスクが違うということをご存知でしょうか?

食事を早く食べ終わる人は、満腹中枢が刺激される前に、どんどん栄養を摂取してしまいます。
それと比べてゆっくり食事をする人は、食べているうちにお腹が満たされてきます。

双方の摂取カロリーを比較すると、ゆっくり食べる人のほうが早く食べ終わる人よりも、少ないカロリーで満足感が得られるようです。

スポンサーリンク

就寝前の食事は太る

寝る前の食事、つまり夜食を頻繁に召し上がる人は要注意です。
就寝前の体は、エネルギーを蓄える体性にありますので、摂取した栄養の多くが脂肪として蓄積されると考えられます。

理想的な一日の最後の食事は、夜21:00までだといわれています。
これは寝る前までに、摂取した栄養を消化するための時間が確保される時間帯です。

食べた物の消化が完全に終わるには大体3時間~4時間が必要だといわれており、きちんと消化できないと、内臓に脂肪として蓄積されてしまいます。

肥満を予防するには、夜21時以降は食べない!これを守るだけでも、肥満はかなり改善されるでしょう。

朝食を抜くと太るのはなぜ?

朝食を抜く人の多くが、お昼ご飯や晩御飯に、多めのカロリーを摂取してしまう傾向があります。

朝食は、一日の始まりの食事ですから、その後仕事や運動などで、体を動かし消費されます。
しかし、晩御飯は、食べた後に運動する予定などがなければ、エネルギーが余ってしまい、脂肪として蓄えられやすいのです。

また、朝食を抜くことで、基礎代謝が減少してしまうデメリットもあります。
このことから、朝食は、毎日必ず摂った方が太り難いということがわかると思います。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿