危険因子が重なることで動脈硬化の進行が早まる

複数の危険因子が重なったメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が蓄積することによって、複数の危険因子が集まった状態のことを指します。

メタボリックシンドロームが、心臓病や脳卒中などの重大な病気を引き起こす可能性を高めることは、多くの人がご存知だと思います。
では、メタボリックシンドロームになると、どのくらいリスクが高まるのでしょうか?

スポンサーリンク

内臓脂肪の蓄積によってもたらされる危険因子は、複数重なることによってリスクを跳ね上げます。
健康な体の人と比較すると、重大な病気を引き起こす可能性が約30倍以上になるとのこと。

「死に直結する病気を招く確率」が30倍になるという、深刻なデータがあるのです。

自覚症状がない動脈硬化の症状

内臓脂肪が溜まることで引き起こされる症状には、高血圧、脂質異常症、高血糖があります。
これらの危険因子は、長い時間をかけてじわじわと動脈硬化の症状を進行させます。

殆どの場合、自覚症状があるわけではなく、放置されがちな症状です。
健康診断の血液検査をおこなえば、自身の数値がわかりますので、定期健診を忘れないようにしましょう。

元々は内臓脂肪の蓄積が原因

メタボリックシンドロームと診断されるのは、高血圧、脂質異常症、高血糖のうち2つの症状が該当し、内臓脂肪の量が基準値を超えている状態です。

高血圧などのそれぞれの症状は軽度でも、複数の危険因子が重なることで、生活習慣病発症のリスクは飛躍的に高まります。
なぜならば、危険因子に該当する症状は、どれも動脈硬化に繋がっているからです。
それらが、複数重なることで、血管の痛みも早くなり、すごいスピードで動脈硬化が進んでしまうのです。

そのリスクを抑えるためには、元々の原因である内臓脂肪の量を減らすこと!

健康的に長生きするために、ダイエットの必要性が唱えられているわけなのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿