コレステロールが取り込まれた血管

血管にコレステロールが溜まるのはなぜ?

動脈硬化は、血管壁にコレステロールが取り込まれてできたしなやかさの無い、血液の通り道の細い血管を指します。
なぜ、血管にコレステロールが取り込まれるのか?
それにはマクロファージという物質の働きが深く関係しています。

スポンサーリンク

マクロファージの働きは「体内のお掃除番」

マクロファージは、白血球の一部で、体内に侵入した細菌物質や老廃物質など、体に悪影響をおよぼすものを食べる働きがあります。
私たちの健康が常に保たれているのも、このマクロファージのおかげだといえます。
しかし、このマクロファージの働きが、内臓脂肪のせいで血管にとって悪影響なものとなっているのです。

悪玉コレステロールは、血液を伝って血管の内膜にこびりついていきます。
このこびりついたコレステロールは、酸化することで、「侵入者」としてマクロファージのレーダーに捉えられやすくなります。

そうすると、マクロファージがこの酸化したコレステロール修復するために、細胞に取り込む働きをおこないます。
この現象は、皮膚の切り傷が治る時に、傷跡として盛り上がって治癒されていく状況に似ています。

それにより、血管内部の通り道が狭くなり、動脈硬化と呼ばれる血管になっていくのです。

脂質異常症がマクロファージの働きを活性化させてしまう

脂質異常症とは、血液中に含まれる脂肪分が過剰に多い状態を指します。
高脂肪血症ともいわれ、この症状がマクロファージの働きを活性化させてしまい、動脈硬化の進行を早くしてしまいます。

改善するには、やはり脂質異常症の大元の原因となる内臓脂肪を、減らすことが大事です。
内臓脂肪が減少することで、血液中の脂肪分も少なくなり、マクロファージの余計な働きを抑えることが出来ます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿