脂質異常症になる原因は、あるたんぱく質の働きのせい?

なぜ脂質異常症になるのか?

コレステロールが血液中に多く含まれている状態を指す脂質異常症

普通、水分が多い血液は脂肪分とは混ざり難いはずですが、脂質異常症では、血液と脂肪分がなじんで体内に残留してしまいます。
残留したコレステロールは、血管の内膜にどんどんと蓄積されてしまいます。
なぜこのような症状が発症するのでしょうか?

以下では、そのことについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

脂肪分と結合するたんぱく質

血液と脂肪分がなじみやすくなる原因には、体内のアポたんぱくという物質の働きが関係しています。
このアポたんぱくは、たんぱく質の一種で体内の脂質と結合してリポたんぱくという物質になります。

このリポたんぱくには、コレステロールを取り除く善玉と、血管に入り込んで動脈硬化を促進してしまう悪玉があります。
脂質異常症になるのは、このリポたんぱくの過剰な増加が原因だといわれています。

内臓脂肪が減ると大幅に改善される

内臓脂肪を減らすと、体内の中性脂肪の量も減りますから、善玉コレステロールが分泌されやすい環境になります。

その善玉コレステロールは、血管に溜まったコレステロールを回収して、肝臓に戻す働きをしてくれます。
内臓脂肪は、この善玉コレステロールの働きを抑制してしまいます。

動脈硬化の全ての元凶は、内臓脂肪から起こるものなのです。

そのためには、毎日の栄養管理と、適度な運動が必要!
計画性を持ち、少しずつ体内の環境改善に努めていきましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿