糖尿病が引き起こす合併症の恐怖

糖尿病はなぜ怖い?

血糖値がコントロールされなくなってしまう症状を糖尿病というのですが、この病気からもたらされるのは、まず全身のエネルギー不足です。

通常摂取した糖質はインスリンの働きにより、体のいたるところに運ばれて、全身を活動させるエネルギーとして機能されます。
糖尿病になると、この働きが低下してしまい、体全体のエネルギーが足りなくなってしまいます。

その結果、体にだるさをともなったり、目がかすんだりと慢性的に疲れを感じるようになります。
しかし、これはまだ初期の段階で、もっとも恐ろしいのは、糖尿病が重症化した時です。

スポンサーリンク

糖尿病の種類について

糖尿病には、その症状を招いた原因や症状によって種類が分けられています。

・1型糖尿病
・2型糖尿病
・遺伝子の異常や他の病気によって引き起こされる糖尿病
・妊娠糖尿病

1型糖尿病は、幼少期の段階で見られる症状です。
体の中のインスリンの量が大幅に少なくなってしまい起こる症状だとされています。
インスリン依存型糖尿病ともいわれています。

2型糖尿病は、もっともよくあるタイプの糖尿病で、日本国内の糖尿病患者の実に90%以上が2型糖尿病です。
インスリンの量や働きが低下し、うまく糖質を処理しきれなくなって起こる症状です。
原因は、食生活や運動不足から引き起こされるものだといわれています。

その他の糖尿病は、病気や妊娠が原因となって引き起こされるケースです。

合併症の恐怖

糖尿病で最も怖いのは、悪化することで発症する恐れのある「合併症」です。
合併症は、目や脚、腎臓などにあらわれて、失明や壊死、腎不全などを招く恐れがあるのです。
このような合併症を日本では「3大合併症」と呼んでおり、糖尿病の症状が悪化する前に、早期の治療が求められます。

また、高血糖の状態がもたらす動脈硬化の進行が、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすケースも、指摘されています。
糖尿病は知らないうちにひっそりと悪化するケースが多いので、毎日の生活において、万全の注意が必要なのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿