日本古来の伝統的な食生活は尿酸値に良い!

食生活は変わってきているが・・・

日本の食文化は、和食中心から洋食中心にシフトしつつあると言われています。お米を食べる回数よりも、パンやパスタ類を食べる回数の方が多いと言う方もいるのではないでしょうか。このような洋食文化が絶対悪というわけではありませんが、どうしても高脂肪になってしまいがち。生活習慣病の原因になっているという指摘が強いのです。

特に、尿酸値を下げていくためには、脂肪・タンパク質をできるだけ減らしていく必要があります。そのためには、日本の昔ながらの食事、和食が好ましいと言われています

和食をメインとするような生活を続けていけば、尿酸値が高くなってしまう事態はほとんどないと言われています。食事メニューを考えるのが面倒だ、という方は昔ながらの食生活を思い出してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

和食の注意点

万能食と言われる和食ですが、これにも難点は存在しています。それが塩分です。日本食はどうしても塩っ気が強くなりがちなのです。このため、高血圧はもはや国民病となってしまっています。

醤油やみそ、漬物など、日本の伝統的な食生活の中には、塩がふんだんに利用されているのです。

高尿酸血症の方は、その他の生活習慣病にかかりやすい生活をしていることが多いと言われています。何も考えずに和食を摂取していると、高血圧になってしまう可能性もあるのです。減塩を意識した商品を利用するようにするといいかもしれません。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿