糖分のとりすぎには注意!

糖分の過剰摂取が高尿酸血症に良くない理由

高尿酸血症の方は、炭水化物をできるだけ減らしていくことが大切だと言われています。炭水化物はカロリーとなり、脂肪の蓄積に結びついてしまうからです。

炭水化物は、別名糖質とも呼ばれます。糖質にも3種類ほどのものがあります。もっとも良くない糖質は単糖類・二糖類だと言われています。

・単糖類、二糖類はできるだけ避ける
ブドウ糖や果糖のことを、単糖類と呼びます。砂糖は二糖類と呼ばれています。これらの糖質は、体内に吸収されやすく、すぐにエネルギーとなることがわかっています。その反面、過剰摂取すると脂質に変化してしまうと言われています。

スポンサーリンク

これらの物質を避けることが重要です。つまりフルーツのとりすぎ、お菓子のとりすぎなどは避けなければなりません。ジュースの中にも、砂糖などが多く含まれているので注意が必要です。

ここで、果物の摂取に注意と言われているのが気になる方もいるかもしれません。フルーツは、栄養バランスに優れているので、好んで摂取するべきだ、と言われれることもあるからです。確かに生きるために欠かせないビタミン源などとなります。しかし、過剰摂取は尿酸値アップの原因となってしまうのです。

・多糖類が良い
これに対して、穀物に含まれている糖質が、多糖類とおばれています。こちらは構造が複雑なため、消化吸収に時間がかかります。脂質に変化しづらい性質を持っているということでもあります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿