塩分のとりすぎは厳禁

なぜ高尿酸血症で塩分に注意が必要?

塩分を控えめに、と言いますと高血圧患者のようではないか、と思う方もいるかもしれません。その通りです。高尿酸血症になっている方は、血圧も高い傾向がみられます。何も気にせずに食事を続けていると、高血圧が合併してしまう可能性が高いのです。

高尿酸と高血圧が合併しますと、腎機能に大きな負担をかけてしまいます。これによって、尿酸値がさらに高くなり、その他の合併症のリスクもどんどん高くなってしまいます。このような負のスパイラルに陥ってしまわないように、塩分を控えなければならないのです。

スポンサーリンク

塩分を控えるために

血圧を適正値にキープするためには、1日の塩分量を10g以下、できれば7g程度にまで下げることが好ましいと言われています。

濃い味が好みの方にとっては、この数値は相当厳しいものです。最初のうちは、なかなかなれないかもしれません。まずは、味覚を薄味に馴らしていくことが大切です。そのまま腎機能が下がって、腎不全となってしまいますと厳しい食事制限が必要となってしまうこともあります。禁止されてしまう前に、できるだけ減らしていく、これが食の楽しみを維持するためのポイントでもあります。

ちなみに野菜などを多めに摂取すると、カリウムがナトリウム(食塩)を体外に出してくれると言われています。このような食品の効果を使っていくのも大切です。

減塩のための調味料などは、近頃多くなってきています。減塩レシピなども豊富にありますので、勉強してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿