尿酸値を適正化するための食事のコツ

良い食事の方法とは?

尿酸値を下げるためには、様々なコツがあります。まず、絶対に行ってはいけないこと、それが過食と偏食です。その逆が、好ましい食事方法だと考えると分かりやすいでしょう。

・バランスの良い食事を!
できるだけ食事につかう食品の数を増やしていくことが重要です。すると、自然と栄養バランスが取れるようになって、健康的な食生活に近づきます。

・野菜を意識的に摂取!
特に、野菜はふんだんに使うようにするといいでしょう。尿の酸性度を抑えて尿酸の排泄量を増やすのに役立つからです。その他にも、健康に良い仕組みをたくさん持ち合わせているのが野菜です。

スポンサーリンク

・食べ過ぎ注意
食べ過ぎてしまいますと、どうしても栄養バランスが乱れてしまいがちになってしまいます。当然、摂取カロリーも過剰になってしまい、体内脂肪が増えてしまう可能性が高まります。

・和食を心がけよう
西洋風の食事は、高カロリー・高脂肪と尿酸値に悪い影響を与えることが多いと言われています。これに対して、健康的なのは和食。栄養バランスに優れていますし、太りづらい、万能食ということもできるでしょう。

・塩分も控えめに
注意しておきたいのは、塩分です。特に和食の場合には、多くなってしまいがち。高血圧の合併の原因となってしまい、腎機能を低下させ尿酸値をアップさせてしまう可能性があります。できるだけ控えるようにしましょう。

以上のようなポイントを守ることが大切ですが、あまり食事に気をつかいすぎるとストレスに繋がってしまうのでほどほどを心がけるようにしましょう!

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿