外食・中食にはご用心!

自作料理以外は警戒を!

外食や冷凍食品は、栄養バランスがあまり良くないことが指摘されています。また、コンビニ弁当やお総菜などを持ち帰って家で食べる、いわゆる中食(なかしょく)も尿酸値の観点からは好ましくないと言われています。

具体的にどのように良くないのでしょうか。
・高カロリー
おいしさを感じさせるために、砂糖などをふんだんに利用しているようです。特に、ファーストフード店などはその傾向が高いようです。近頃では、メニュー表にカロリーが表示されていることもありますので、その表示を参考にしながら食事をしていくといいかもしれません。

・高塩分
おいしさという観点からは、塩っ気も忘れることができません。濃い味付けの料理は確かにおいしいのですが、血圧を上げてしまい不健康になってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

・偏食になりがち
外食は、ラーメンや焼肉など、自分の好きなものばかりをセレクトしがちになってしまいます。すると、当然栄養バランスも乱れてしまいますし、プリン体なども過剰摂取してしまう危険が高くなってしまいます。

バランスをとっていくために

まず和食・定食などを中心とするお店を選んでいくようにするといいでしょう。洋食・ファーストフードという組み合わせは最悪です

次に、単品料理を避けるという工夫が必要です。うどんやラーメンなどの一品料理は、手軽なのでついつい頼んでしまいがち。栄養バランスを取るために、これに一品惣菜・野菜などを追加して食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿