お酒の種類次第では問題なし?

アルコールの性質を知っておこう

お酒を嗜む以上は、アルコールが持っている性質を知っておく必要があります。まず、お酒に強い弱いということは、アルコールが体に与える悪影響と関係ありません。アルコールが分解されると、アセトアルデヒドという物質になります。顔が赤くなる、吐き気がする、頭痛がするなどの悪酔いの原因は、すべてアセトアルデヒドです。お酒に強いのは、これの分解能力が高いというだけのこと。アルコールの分解速度自体は、ほとんど個人差がないのです(体格が大きい人ほど分解が早くなりますが)。

ビールをたくさん飲むと尿が薄まって尿酸値が少なくなる、このように言われることもあります。しかし、これは全くのあやまりです。アルコールを分解する際には、水分を利用します。利尿作用もありますので、必要以上に体外に水を出してしまうことになってしまうのです。

・お酒が強いから・・・
・尿が薄まるから

ということは、言い訳としては通用しないわけです。

スポンサーリンク

お酒の種類は?

ビールはプリン体が多いけど、他のものはあまり含まれていないから大丈夫。このように言われることもあります。たしかに、ビールには他のお酒よりも多量のプリン体が含まれています。これは事実です。

しかし、アルコール自体に尿酸値を上げる作用があります。ウィスキーだろうが日本酒だろうが、焼酎だろうが、この事実は変わりありません。飲み過ぎれば、どんな種類であっても毒になってしまうわけです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿