お酒を控えるためのポイントとは

いきなり禁酒はリスキー

毎日浴びるほどお酒を飲んでいた人が、いきなり禁酒をしてしまいますと、逆効果になってしまうことがあります。まず、相当程度のストレスがかかってしまいますので、尿酸値にとって良くない影響を与えてしまうことがあります。

また、アルコールが本来持っている健康増進効果もすべて放棄してしまうことになってしまいます。アルコールは「飲み過ぎ」がいけないだけで、適量さえ守れば良い薬となってくれます。

お酒の量を減らしていくこと、それを意識するようにしましょう。

以下では、お酒を控えるためのポイントをいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク

・分解速度を知ろう
日本酒1合分のアルコールを分解するために必要な時間は、2~3時間程度だと言われています。日本酒3合飲むと、それだけで6時間程度の時間がかかってしまうのです。

ゆっくり飲まなければ、どんどん体内にアルコールが溜まっていってしまいます。

・水を合わせて摂取しよう
アルコールを分解するためには、水が必要となります。利尿作用によって、体内の水分はどんどん外に排出されてしまいます。ですから、お酒を飲みながら、水を飲むように心がけましょう。このようにすることで、悪酔いも防ぐことができます。

・適量を知る
日本酒1合程度が一日の適量だと言われています。これを知っておけば、少なくとも一晩に日本酒数合飲むような飲み方は、無茶なものだ、ということが分かるはずです。自然とブレーキがかかることでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿