尿酸とは何なのか?

そもそも尿酸って何?

尿酸は、エネルギー代謝の結果生み出される「老廃物」の一種です。より難しく説明しますと、肝臓で作られる窒素化合物の一種だ、という説明が可能です。

「プリン体」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?よくビールのCMなどで耳にすると思います。プリン体が肝臓で処理されると、尿酸が生み出されます。

この物質は、遺伝子の中核を構成している非常に重要な物質です。生命活動の結果、細胞が古くなって死滅するとプリン体が体内に増加します。エネルギー燃焼の結果としてもプリン体は含まれています。
その他、食物の中にも含まれているため、尿酸値が気になる人は、食事などにも気をつけなければならないのです。

尿酸ができる仕組みを再確認しましょう。

スポンサーリンク

「生命活動⇒代謝⇒プリン体⇒肝臓で処理⇒尿酸」
という流れとなっています。

尿酸が増えるとどうなる?

尿酸が生まれる仕組みは、以上の説明で分かったかと思いますが、実際にはどのような働きをするのかよく分からないかと思います。実は、科学的・医学的にも、尿酸が体内でどのような働きをするのか分かっていないのです。

体内に過剰に溜まり過ぎると、固まって結晶となることはわかっています。この結晶体は、トゲトゲとした鋭い形をしています。これが関節などに溜まってくると、炎症が起きてしまうのです。これが、痛風の痛みの正体です。

痛みが発生する前の段階、尿酸値が通常の状態よりも高い場合を「高尿酸血症」と呼んでいます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿