有酸素運動は痛風予防に最適!

運動は健康に良い!

カラダを動かすのは、健康増進のためには必要不可欠な行為です。食事に気をつかっているだけでは、生活習慣病は予防できません。あわせて、適切な運動を行っていかなければならないのです。

尿酸値が気になる方も、事情は変わりません。

運動を適切に実践することで、ダイエットをしていくことができます。肥満を予防・改善していくと、それだけで尿酸値を改善することが可能です。太りすぎの方は、尿酸値が高くなりやすいという研究結果が出ているのです。

そのほかの生活習慣病予防の観点からも、運動は必須です。体を動かすと、全身の血のめぐりが良くなります。これにより、心肺機能を向上させることができますし、血圧も低下します。もちろん、体脂肪の量も減りますし、高脂血症も改善されます。さらには、ストレスを解消する効果も認められますので、精神性の疾患を予防することにもつながります。

スポンサーリンク

好ましいのは有酸素運動

スポーツには、有酸素運動と無酸素運動の二つがあります。激しすぎる運動は、無酸素運動と呼ばれます。筋肉を増進していくのに良いのですが、尿酸の発生量を増やしてしまいますので、好ましくありません。

高尿酸血症の方にとっては、有酸素運動がベスト。ウォーキング・スイミングなど、おだやかな運動を毎日20分以上継続していくようにしましょう。この運動は、体内の内臓脂肪をエネルギーに変えるので、ダイエットにも役立つことが明らかとなっています。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿