有酸素運動がストレス解消に効くワケとは?

リズミカルに体を動かすことに理由が

有酸素運動をしていますと、だんだん気持ちが高ぶってきます。ランナーズハイと呼ばれる状況は、非常に有名ですね。興奮物質が出るというのも理由の一つですが、他にも理由があります。

リズムに合わせて体を動かしていますと、セロトニンという物質が分泌されます。この物質が不足してしまいますと、うつ病となってしまうことが知られています。

ウォーキングやジョギング、サイクリング、なわとびなど、有酸素運動に分類されるものは、ほとんどがリズミカルな動きをします。ですから、ストレス解消効果が出るわけです。このような運動をリズム運動と呼びます。
他にもリズム運動はある

スポンサーリンク

リズム運動といいますと、なんだか胡散臭いイメージを感じてしまう方もいるかもしれません。しかし、この概念は医学博士が提唱したものです。実際の実験なども数多く実施されています。

この博士によりますと、咀嚼や腹式呼吸などもリズム運動に分類されるようです。ですから、ガムをかむだけでも、うつ病予防・治療に有効なのです。

ちなみに、セロトニンを増加させる方法は他にもあります。分泌後の吸収を阻害する薬(抗鬱剤)を飲むという方法が、一番一般的でしょう。この他、日光を浴びることで、分泌量が増えると言われています。

有酸素運動は、うつ病を予防したり治療したりする上でも有効なのです。ダイエットにも役立ちますし、生活習慣病の予防にも使える。まさに夢のような運動法ですね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿