生活バランスを整えよう!

乱れた生活がストレッサーに

ストレスの原因となっているもののことを「ストレッサー」と呼びます。それぞれ違う原因があることでしょう。しかし、ストレスを増やして貯め込んでしまう根本的な理由として、生活習慣が乱れているという点が挙げられます。

きちんとした生活を続けておけば、ストレス耐性も強くなっていき、負けない体ができあがりやすくなるのです。

スポンサーリンク

ストレスと闘えるカラダにするために

耐性を高めるためには、規則正しい生活を心がけていく必要があります。

まず、一日の生活リズムを整えるようにしましょう。昼に寝て朝方まで起きているというような昼夜逆転生活は最悪です。自律神経に悪影響を与えてしまいますし、体全体のバランスも乱れてしまうからです。

次に、十分な睡眠を心がけましょう。睡眠不足となってしまいますと、十分にリラックスすることができなくなってしまいます。体の疲労もどんどん蓄積してしまいますので、少しのことでストレスを感じてしまうようになります。

その他、運動不足も好ましくありません。体を動かさない生活は、ストレスを高めます。デスクワークが増えたからこそ、現代社会はストレス社会となったという指摘があります。血流が悪くなりますし、日光にもあまり当たらなくなるのでうつ病になりやすくなってしまいます。

このように、生活習慣は各種の面で、ストレスと関係しています。ストレスが溜まってしまいますと、尿酸値が上がってしまうという悪循環。これを断ち切るためにも、適切な生活を送るようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿