ストレスを感じやすい方のために

典型的な日本人は危ない!

日本人の古くからの美徳、実はそれがストレス耐性に良くない影響を与えていると言われています。責任感が高く几帳面、仕事ばかりに打ち込む真面目な態度。このような性格ですと、どうしてもストレスがたまりやすくなってしまうのです。

ストレスは、不安・恐怖に対して即座に闘争態勢に入るための防衛本能だと言われています。まじめな人は、不安・不満を解消することなく、そのまま心の奥にとどめ続けてしまいます。これだと、ずっとストレスが溜まっていってしまいます。

蓄積されたストレスは、自律神経に良くない影響を与えてしまい、尿酸値の上昇原因となってしまいます。上記のような性格の方は、さらに進展してしまい、うつ病となってしまう可能性も高いと言われています。

スポンサーリンク

対処方法は?

まずは、ストレスが溜まりやすい性格なのだ、ということを自覚することから始めましょう。その上で、リラクゼーションを心がけたり、休みを早めにとったりするなどの工夫を行っていく必要があります。ストレスが限界に来る前に調整していくのです。

このような方法のほかに、「とらえ方」を変えていくという方法があります。性格自体は変えられなくても、考え方・視点は変えることができるはずです。上司から期待をかけられたら、プレッシャーに思ってしまいがちでしょう。しかし、それをチャンスととらえることもできるのです。このようにポジティブシンキングを心がけることが、ストレス緩和のコツです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿