規則正しい生活を送れない方は・・・

不規則な生活はストレスの原因に

不規則な生活を続けていますと、どうしてもストレスが溜まってしまいやすくなってしまいます。その結果、自律神経が乱れてしまい、尿酸の排泄に支障がでてしまうことがあります。

高尿酸血症の人は、生活リズムを適切化していくことを心がけなければならないのです。

しかし、どうしても生活リズムが崩れてしまう場合もあるでしょう。たとえば、シフトの影響で、夜勤と昼勤務が交互になってしまうような方。また、残業が多くなりがちな方なども。このような方にとっては、生活リズムの改善は難しいでしょう。

このような人たちは、尿酸が高くなりがちだ、という報告があります。

スポンサーリンク

どのようにして対処していけばいい?

まず、食事時間だけは定期的になるように工夫していきましょう。深夜に大量の食事をとってしまいますと、カロリー過剰となってしまいがち。すると、肥満になってしまいやすくなり、尿酸値が増えてしまいます。

軽食を職場に持込み、休憩時間に小分けして摂取するようにするといいでしょう。

仕事の後に自由な時間を持ちたい、このように思う方もいるかもしれませんが、深夜遅くまで起きていて生活を乱れされないようにしたいものです。昼間の勤務の際には、仕事後に自由な時間を持ち、夜勤の際には仕事前に・・・このようにすることで、比較的生活リズムを整えていくことができるようになります。

休みの日も、できるだけ調整にあてるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿