他の疾病がある場合には要注意!

合併症は日常の過ごし方に注意を

高尿酸血症の他に持病を持っている場合や合併症が出ている場合には、日常生活の過ごし方を工夫していかなければなりません。場合によっては、ストレスを解消するためのノウハウが、マイナスに出てしまう可能性もあるのです。

他の疾病がある場合には、まず医師にしっかりと相談をするようにしましょう。その指示・アドバイスに基づいて、日常を過ごしていくようにしましょう。

具体的には、以下のような注意点があります。

スポンサーリンク

・血管系の疾病がある場合
動脈硬化や心臓病など、血管にかかわる疾病がある場合、運動に制限がかかる場合があります。万能と言われている有酸素運動であっても、この場合には致命的な結果になってしまうことがあります。どのような運動をしていくべきか、していいのか、という点については必ず医師に指示を仰ぐようにしましょう。

・薬の飲み合わせに注意
薬を服用する際には、他のものとの飲み合わせに注意をするようにしましょう。高血圧を持っている方は特に、尿酸値を下げる薬との相性が悪いと言われています。

高尿酸血症を持っている方は、他の生活習慣病を併発していることが多いと言われています。当初は合併していなくても、後に発症してしまうケースもあるようです。上記のように、他の疾病を持っている場合には、生活に制限がかかることがあります。必ず定期的に病院にいって、健診などによって状態を確認していくようにしたいものです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿